介護タクシーの仕事内容やメリット

様々な人の移動のお手伝いをするのがタクシーの仕事ですが、介護タクシーは移動だけでなく、利用者の介助を行う点が大きな特徴です。ベッドから車まで、または車から病院までなど、身体が不自由な人の移乗や移動介助を行いながら、目的地まで安全に送り届けます。

介護タクシーで身体介護を行うためには介護の資格が必要になります。そのため、介護タクシードライバーになるためには普通自動車免許と二種免許の他に、介護職員初任者研修が必要になるということを覚えておきましょう。

介護タクシードライバーになるメリットは、需要が高く仕事が探しやすいという点です。高齢化の進展に伴い、介護や支援を必要としている人は増え続けています。現に、人手不足が蔓延している介護業界の有効求人倍率は年々上昇しているのです。前述した3つの資格を取得すれば、タクシー業界だけでなく、介護業界でも転職先を探すことができます。選択肢が増えることにより、自分の希望とする条件での転職を実現させやすいでしょう。

介護タクシーが普通のタクシードライバーと違う点は、業務を通じて介護のスキルが身に付くということです。送迎だけでなく、身体介助や移動介助を行うので、介護についての技術や知識を学ぶことができます。介護タクシーで培った経験や知識は、自分の親の介護をする時などに必ず役にたちます。社会だけでなく、家庭や生活で役立つスキルを磨けるのが、介護タクシーの魅力的な部分と言えるでしょう。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

  • カテゴリーなし