事前に注意点を知って介護タクシーで働こう

介護タクシーは名前の通り、介護を必要とする人を対象にしたタクシーです。車両への乗り降りを手伝い、安全を確保するのが主な仕事内容になります。その一方で介護タクシーは福祉タクシーと同一視されやすい傾向があります。

これは共に要介護の高齢者を利用客として想定しているのが理由ですが、福祉タクシーが車いす用のリフトなどの設備を使って利用客をサポートするのに対し、介護タクシーはドライバー自身の手で利用客をサポートします。これは利用客の体に触れる行為は介護の一種と見なされ、介護に関する資格の所持が必要になるためです。介護タクシーのドライバーは仕事の性質上、介護職員初任者研修の取得が義務付けられています。

介護タクシーのドライバーとして働くならタクシー会社の介護サービス部門への配属か、介護タクシー専門の会社への就職が一般的な方法です。どちらも基本的には無事故無違反な優良ドライバーが歓迎される傾向にあります。利用客が高齢の要介護者であり、乱暴な運転を行うと心身に大きな負担をかけてしまうためです。

また、利用客への介助作業も重要な仕事のひとつであり、敬意を持って接する気遣いが求められます。医療機関への送迎や処方された薬剤の受け取りなど、利用客の健康管理に関する業務を受け付けている会社も少なくありません。ドライバーの仕事は非常に責任が大きいと言えるので、仕事内容をよく確認したうえで慎重に判断することを心がけましょう。※介護タクシーに関する参考サイト「高齢者や障がい者のためのタクシーとは

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

  • カテゴリーなし